スーパーホストのおもてなしは何が違うのか?

いつもshare,beをご覧頂きありがとうござます、share,be編集部です。

仕事柄、様々なホストさんにお会いして取材をさせて頂いているのですが先日こんな事がありました。

仲の良いホストさんのお部屋を取材させて頂いた後に、スーパーホストさんのお部屋も取材する予定でした。
そこで指定されたのが・・・・なんと同じマンションだったのです。

普通のホストさんのお部屋はフルリノベーションされ、かつ1階で利便性が良いのに対し
スーパーホストさんのお部屋はリノベーションされておらず、かつ階段で4階まで上がらなければ行けませんでした。

それなのになんと売上はスーパーホストさんの方が3倍以上高かったのです!!!
これほどの差が生まれるのは何故なのか?そのおもてなし術について教えてもらいました。

おもてなし術その1 問い合わせが来た時の対応は基本1時間以内。

スーパーホストさんはお部屋に泊まる前段階での問い合わせ対応がとにかく早い!
英語が堪能な事もあるのでしょうが、パートナーにも協力してもらい基本的には1時間以内に返信するそうです。
その訳を聞くと、「お問合せは複数の物件に同時に問い合わせている事が多いですからね。スピーディーに対応する事が大事」との事です。
確かに旅行のお部屋を決める時にスピーディーにレスが来れば嬉しいですよね♪

おもてなし術その2 オリジナルページを作成しスマートな旅行をサポート

スーパーホストさんの驚きのおもてなしその2はなんと、Airbnbのリスティングページとは別にオリジナルのお部屋ページを作成しているとの事です。
こちら友人のエンジニアに頼んでお部屋のページを作成してもらい、予約された方にそのURLを送っているとの事。
そのページを見れば、部屋の家電の使い方、ごみの捨て方、駅からのアクセスまで色々と分かるようになっているんです。
なんでここまでするの?と訊くと、「民泊は複数名で利用される事が多いんです。このページを代表者からシェアしてもらう事で利用される団体の皆さま
全員が困ることが無くなりますからね。」
そのおもてなし術、恐るべし。
そしてインタビュー中何度も言っていたのが「ホスピタリティ」という言葉だ。
ゲストが困ることが無いように、快適に日本で過ごせるように・・・・・常に色々と考えているそうだ。
※お部屋には救急箱まで用意されていた。

対応もそうだが心構えからおもてなしは始まっているのだと気付かされました。