脱IKEA・ニトリ!安くて他とかぶらない民泊内装術

この記事の要点

・ジモティーという物々交換サイトを活用
・タイルシートでセルフリノベ
・マスキングテープで部屋をデザイン空間に

 

安くて高品質でオシャレということで年齢問わず幅広い人気を得るこの家具大手二強は民泊でも変わらず愛されています。 一方で新宿や渋谷、港など他ホストとの競争が激しく、価格競争に加え、いかに差別化するのかもairbnb集客の重要なポイント。

差別化の方法の1つとして、リスティング(部屋紹介ページ)に掲載する写真をどれだけ魅力的に見せるかが大切な要素になります。

ただし、差別化のためにお金をかけすぎると、その回収が重しになってしまいます。
そこで、本稿ではスーパーホストとしてAirbnbで活躍されているKeijiroさん直伝の内装術をご紹介できればと思います。

 


 

Keijiroさんはとにかくお金をかけずにハイクオリティに仕上げる達人なのです。

①ジモティー ご存知でしょうか?

個人間で物を売買できる、これはどこにでもありますよね。 ジモティーがすごいのは、取りに来てくれたら無料であげるよ!という神様が多数存在します。 Keijiroさんはホストの予約リクエストとジモティーの新着商品のチェックには抜かりがありません。 もうshare,be編集部はKeijiroさんの部屋は全部ジモティーなのではないかと思ってしまうほどです。。 実際のKeijiroさんの戦利品

1テレビ
2冷蔵庫
3電子レンジ
4洗濯機

②タイルシート (画像)

小さいながらも綺麗なキッチン。 その正体はタイルシート!木目シートもあります。
なんとこれは全部で1000円しか掛かっていないようです。 楽天でもアマゾンでも購入可能です。

③マスキングテープ (画像)

こちらはKeijiroさんのご友人のお手製とのこと。 マスキングテープは1つ300円、この総費用は500円!

いかがでしたでしょうか? 少し安っぽく見えるんじゃない?と思われた方もいらっしゃると思います。

share,be編集部が初めてお邪魔したときに実際に拝見しましたが、とてもお手製には見えないクオリティでした。 内装の変更やこれから民泊を始められる方は是非ご参考にしてみてください。