ホテルと民泊の売上施策はここが違う!違いを知って集客対策を考える

 

住宅宿泊事業法の成立をうけ、IT、不動産、観光サービスなど様々な業界から民泊市場への参入が表明され、民泊が再び盛り上がりを見せている。参入する企業のなかには上場企業の名前が多く見られ、今後は資本力をいかした大規模な展開なども期待される。これまでAirbnbを中心に展開してきた民泊ホストは、こうした大企業と競合することも考えられ、より一層の差別化、運営の効率化、マーケティングなど様々な戦略構築を求められることとなる。

share,beでは、民泊関連サービスを展開する各社にインタビューを実施している。そのなかで、民泊業界ではあまり注力されていないものの、宿泊のプロである「ホテル業界」では当然のこととして取り組まれている施策や、ホテルにはない民泊だからこそ活かせる強みが存在することがわかった。/

ホテルは「イールドマネジメント」を重視

最近では民泊データ管理システムを導入し、ゲスト需要や近隣のイベントなどに合わせて適正な宿泊料金を設定しようとするホストが増えたように感じるものの、ホテル業界で行われる宿泊料金の設定にかける工数は民泊のそれとは大きく異なるという。

大きいホテルの場合は、イールドマネージャーを専任で1名設けていたりします。イールドマネージャーが何をするのかと言うと、近隣の競合ホテルや時期、相場を踏まえて宿泊料金の価格設定を行うのですが、中規模のホテルの場合、なかなかそういう人を専任で雇えず、属人的な勘や経験など、アナログで設定しているところは意外と多いです。しかし、人工知能を使えば、価格調整は出来るようになると思います。

日本は、チェーンホテルが海外に比べて少なく、中小規模のホテルが多いので、同じように課題意識を持っているところは多いのではないかと思います。今後は、その辺りがキーになってくると考えています。

(「ホテル・民泊におけるビッグデータの有用性」VSbias 代表取締役 留田紫雲氏」)

 

民泊はもっと近隣宿泊施設の稼働を知るべき

宿泊料金の価格設定で調査する際は、民泊仲介サイトに掲載される近隣施設の料金相場を確認する。こう考え、実際に取組んでいるホストがまだまだ多いのではないだろうか。

やはり一番は近隣宿泊施設の稼働率だと思います。そこが一番わかりやすいです。周辺で稼働率が高いのであれば、在庫(予約可能な施設の空き)が少ない状態ですので、値段をあげることができます。時期による需要の変動については、1年前も2年前もそこまで大きく変わらないので、過去を分析すれば、ある程度は傾向を把握することができます。しかし民泊市場では、現状それすら全く反映されてないので、そういったところは全然改善できると思います。

(「ホテル・民泊におけるビッグデータの有用性」VSbias 代表取締役 留田紫雲氏」)

 

民泊はタクシーをつかまえにくい

ゲストの視点から見た際に、ホテルと民泊施設の大きな違いとして「環境」の面が大きいのではないだろうか。ホテルは駅から徒歩5分以内で到着できる範囲にあることが多いが、民泊の場合はまちまちだ。最寄り駅から民泊施設までのアクセスマップを用意していることは多いが、それでも細かな部分でまだケアできていない部分が残されている。ゲストが滞在期間中に何に対して不便さを感じるのか、そこを意識し、差分を埋めるための取り組みが必要なのではないだろうか。

「TRIP PHONE」というのは一言でいうと、コンシェルジュです。チャットでコンシェルジュに相談ができるようになっていまして、ゲストはほぼ100%このチャット機能を利用しています。英語で質問すれば、それに対してコンシェルジュも英語で答えます。日本語、英語、韓国語、中国語の繁体、簡体、5つの言語に対応しています。

コンシェルジュは24時間対応が可能です。最も多く聞かれることは、食事です。レストラン予約は非常に多く要望を頂きます。さすがにラーメン屋は予約できるようになっていないのですが、例えば、天ぷらを食べたいという要望があり、予約ができるお店が近くにあれば全部予約させていただいています。

次に多く利用されるのはタクシー予約です。民泊や簡易宿所はホテルと違って、タクシーが待機していないですし、施設が大通り沿いに建っていないことが多いため、ゲストがタクシーをつかまえようとしても難しい場合が多いのです。どこまで行けばタクシーをつかまえることができるのか分からない、呼び方も分からないということで、タクシー予約が多く利用されます。

(「月6,000円でフロントスタッフが不要に、TRIP PHONEの導入効果」iVacation 代表取締役 大城崇聡氏」)

 

民泊の無人運営はゲストにとって良い点も

ゲストにとって、全ての面でホテルが民泊よりも良いというわけではない。住宅宿泊事業法により、既存の旅館業法に含まれるフロントの設置義務は不要となり、無人での運営が可能となる。フロントスタッフを必要としないゲストにとっては、本来は数分で終わるはずの料金精算のために数十分も待たされる可能性があるホテルよりは、チェックイン・チェックアウトをスムーズに行える民泊の方が良いと捉えられるかもしれない。

外国人旅行者がスタッフに相談するためにフロントに列をなして並んだりするのですが、日本人利用者はただ鍵をフロントに渡すだけ、精算するだけなのに混雑している影響で待ち時間が長くなってしまいます。そうなると、日本人利用者は混雑する不便さを感じてリピート利用しなくなる可能性がありますし、外国人旅行者も同様に離れていってしまうかもしれません。

(「月6,000円でフロントスタッフが不要に、TRIP PHONEの導入効果」iVacation 代表取締役 大城崇聡氏」)

 

ほんの一部に過ぎないが、ホテルと民泊の差分をいくつか紹介した。ホテルが実施していることを全て対応すべき、と言いたいわけではない。どういった違いがあるかを知り、そのなかで自身の施設にも必要だと感じたこと、限りある予算のなかで対応できることを、少しずつ取組んでいければ良いのではないだろうか。