ゲストはなぜ日本へ来たのか?目的を知って、レビュー5つ星を狙う

この記事の要点

・訪日目的は1位が日本食、2位がショッピング
・民泊は外国人にとっても少数派
・宿泊施設としての期待値はホテル並みのゲストもいるため必要最低限の清潔感は保つ

 

民泊が2015年頃から注目されるようになり、Airbnbへのリスティング掲載数は急激に増加し、今も継続中です。
民泊で収益を得ている方にとって、それは競合の増加と同じです。
それではAirbnbで上位に掲載されるためにすべきこととは何でしょうか。

上位掲載のためにすべきことはたくさんあります。
ここでは、ゲストのニーズを知りレビュー評価を高める方法をご紹介させて頂きます。

 

訪日外国人の訪日目的を知る

 

観光庁発表の「観光白書 平成27年版」によると、

1位 日本食を食べること
2位 ショッピング
3位 自然・景勝地観光
4位 日本の歴史・伝統文化体験

この中でも、
アジア圏ゲストはショッピングニーズが強く、欧米圏ゲストは伝統文化体験ニーズが強いという傾向が見られます。

 

訪日外国人が利用した宿泊施設を知る

 

1位 日本旅館 47%
2位 豪華で快適な高級ホテル 39%
3位 ビジネスホテル 35%
4位 ユースホテル 11%

こちらを見てわかることは、「民泊」が訪日外国人にとってはマイナーな選択肢であり、
旅館や高級ホテルに泊まりたい人が一般的だということ。

 

訪日外国人を知り、対策すべきこと

 

日本食を食べる
近隣で美味しいお店があるのであれば、そこまでの道のりや料理写真があるとゲストの満足度は高まるでしょう。
朝食をホストが作ってあげても良いかもしれませんね。

ショッピング
ショッピング施設までの道のりを伝える資料を作製し、部屋に設置する。もしくはアテンドする。

清潔感、おもてなし
高級ホテルまではいかないまでも清潔感では劣らないように清掃しておく。
ホスト不在型が多い民泊ですが、ホストとの触れ合いを楽しみにするゲストも多数います。
チェックインのときの挨拶だけでも構いません。夜一緒に食事したりするとお互いに楽しい時間を過ごせますよね。

 

ゲストのニーズを少し知るだけで、満足度をあげる方法がたくさん思いつくと思います。
参考にしたデータは統計的なものですので、個々のゲストに合わせたおもてなしをして頂ければ、
レビュー評価も高まるのではないでしょうか。