SIMを無償配布、500MB無料!民泊に役立つ注目サービス登場

訪日旅行で感じる不満はwifiがつながらないこと

民泊利用者の多くが訪日外国人で占められ、彼らは訪日旅行に対して共通の不満を抱えている。それは、wifi環境が整備されていない点だ。現在ではほとんどのホストが自身の宿泊施設に持ち運びができるポータブルwifiを設置するようになったのだが、旅行者が成田や羽田など空港に着いてから宿泊施設までの間、無償通信インフラに頼らざるをえない状況になる。しかし、日本では無償でwifiをつなげられるスポットが限られ、施設までの道中はオフラインの状態が続き、旅行者はその点に不便さを感じるのだ。

「WAmazing」500MBまで無料で使えるSIMを無償で配布

WAmazing株式会社は、訪日外国人が成田空港に到着した時から無料でモバイル通信を利用することができ、その後も観光情報が確認やタクシーの配車予約などを可能とするサービスの提供開始を発表した。

d23660-1-581833-18

訪日旅行者がWAmazingを利用するまでの流れ

  1. 旅行者は自国でWAmazingアプリをインストール
  2. 個人情報、滞在期間、決済情報(クレジットカードなど)をアプリに入力し、QRコードを取得
  3. 成田空港に設置される「デジタルサイネージ付き無料SIMカード受取機」に、アプリで取得したQRコードを読み込ませ、SIMカードを受け取る
  4. 4.旅行者が保有するスマホにSIMカードを差し込み、利用が可能となる
d23660-1-809264-19d23660-1-999944-9

初期費用はかからず、5日間で500MBまでモバイル通信を無料で利用が可能。500MBを超えて通信が必要な場合は、アプリからモバイル通信を追加で購入することができる。

famifi」「民泊WiFi」などと組み合わせた活用が有効

民泊ホスト向けのwifiサービスとしては、既にファミリアリンクが「family」、JPMOBILEが「民泊WiFi」など各社が通信制限がないポータブルwifiを提供している。特徴としては、いずれも初期費用、契約期間の縛り、通信制限がなく、非常に使い勝手が良いと評判が高い。

これらのポータブルwifiとWAmazingを組み合わせてゲストに案内、提供することにより、ゲストは空港に到着したときから通信が可能となり、宿泊施設に到着してからはホストが用意したwifiを利用すればオフラインで孤立することがなくなり、不満は解消されるだろう。

【補足】500MBはどの程度まで通信可能なのか

WAmazingでは500MBまで無償でモバイル通信が可能だが、果たして具体的にはどれくらい利用することが可能なのだろうか。

参考情報によると、

  • スマホでyahooトップページを約2,454回閲覧すると500MB到達
  • youtube動画5分7秒を約46回視聴すると500MB到達
  • GoogleMapで現在地を表示したあとに拡大を約681回行うと500MB到達

参照:「【日本初!】無料インターネット通信から体験・ツアー予約、交通手配、決済まで訪日外国人ニーズをワンストップで解決するアプリ「WAmazing」開始