アートにより不動産価値向上!民泊専用アートマンションが大田区に誕生

 

不動産デベロッパーの株式会社ベストウェイが、クリエイティブユニットLQID(リキッド)とタッグを組んで、東京都大田区山王3丁目に史上初の民泊専用アートマンション「THE AOCA│Apartment of Contemporary Art ,Tokyo」を建設したことを発表。

国内外で活躍する7名のアーティストが参加し、アートワークは17室全てのゲストルームに加え、外壁、エントランス、ルーフトップなど様々な場所に施されており、グラフィティ・ライター、ミューラリストとしての技量と才能がいかんなく発揮されている。

今後は、「THE AOCA│Apartment of Contemporary Art ,Tokyo」にとどまらず、20181月に完成する23区内のマンション2棟にもアートを施す予定。

アートマンションの狙いとして、下記のように意欲を表している。

経年によって価値が落ちる不動産と作家の知名度によっては経年しても価値が上がるアート作品を融合することで、収益不動産の付加価値を高め投資のリスク分散につなげるという新たな市場の創造も視野に入れ、資産価値があるアートによって不動産の付加価値を高めることに当社は挑戦していきたい。

 

参照:「特区民泊エリア大田区にて史上初の民泊専用アートマンション「THE AOCA│Apartment of Contemporary Art, Tokyo」が誕生