ビジネス特化民泊サイト「TripBiz」がマンスリーマンションの掲載を開始

7月よりマンスリーマンションを掲載開始

ダイバージェント株式会社は13日、企業の出張や研修など、ビジネスシーンに特化した日本初の民泊マッチングサイト「TripBiz」に、レジデンストーキョーが企画・運営するマンスリーマンションの掲載を7月から開始したことを発表。

 

「TripBiz」とは

ダイバージェント株式会社が運営する「TripBiz」は、空き家・空き部屋と、宿泊先を探している法人・ビジネスパーソンを繋ぐ、ビジネスシーン特化型民泊マッチングサイト。「一時社宅」をコンセプトに、出張や研修、展示会出展など、企業の様々な宿泊ニーズに 民泊 という新しい選択肢を提供し、ホテルにはないより「快適」な出張を提供している。

 

株式会社レジデンストーキョーとは

株式会社レジデンストーキョは、「外国人が選ぶ不動産会社ランキング 賃貸部門(2016年)」にて全国第1位に選ばれた、都内400戸の家具付きアパート・マンスリーマンションを管理・運営している。

 

「TripBiz」掲載開始の背景

この度、住宅宿泊事業法案(通称:民泊新法)の来年度施行を見据え、法人による様々な宿泊ニーズを捉えるべく、レジデンストーキョーが持つ家具付きアパートとマンスリーマンションをTripBizにて掲載する運びとなりました。同社は、利便性の高い東京都心部に、デザイン性と機能性の両方を兼ね備えたビジネスパーソンにとって使いやすいお部屋を保有し、TripBizの登録ゲストが求める「立地」「コストパフォーマンス」「設備」など全てに合致することから、掲載開始に至りました。

現在TripBizにおいては、マンスリーマンションが既に掲載されていますが、特区民泊 や民泊新法に則った民泊施設としての宿泊受付を今後開始する予定です。同社のような実績のある法人 ホスト との提携により、法人 ゲスト 様にとって、安心・信頼できる民泊プラットフォームを目指して参ります。

一方、レジデンストーキョーとしては、集客チャネルの多角化と稼働率向上を目的として、TripBizへの掲載物件を順次増やしていく予定です。現在は数少ないマンスリーマンション専門のポータルサイトを経由した集客に偏っており、法人利用が見込めるTripBizにて掲載をすることで、集客の新しいチャネルとして期待が持てます。加えて、現在は1ヶ月単位で賃貸借契約を締結しておりますが、退去日から次の入居日まで7日間ほどのアイドルタイムが発生します。そこで、民泊として一泊単位(もしくは民泊特区の最低宿泊日数)で貸し出すことで、稼働率のさらなる向上が期待できるものとなります。

 

参照:「ビジネスシーン特化型民泊サイト「TripBiz(トリップビズ)」と、マンスリーマンションを企画・運営する「レジデンストーキョー」が物件掲載で業務提携を開始