メトロエンジン、民泊新法に対応した自動チェックインアプリの無料提供を開始

 

メトロエンジン株式会社は、宿泊事業者向けにタブレット端末にインストールできる自動チェックインができるアプリ「本人確認&自動チェックイン」を2017年10月から無料で提供を開始する。

手動や対面での本人確認には、膨大な人件費が発生するため、今後の 民泊 運営における収益効率化には「自動チェックイン」機能がスタンダードとなることが予想される。メトロエンジンでは、1年以上にわたり民泊運営管理ツール「民泊ダッシュボード」を民泊 ホスト や民泊代行業者向けに提供しており、10月から民泊新法に対応した自動チェックインアプリを民泊ホストや宿泊事業者向けに無料で提供することで、より一層、ユーザーに付加価値のあるサービスの提供を目指す。

「本人確認&自動チェックイン」アプリはタブレット端末にインストールし、物件を登録するだけで利用が開始できる。既に保有しているタブレットを利用とすることで、レンタルや月額費用など支払う必要がなく、手軽に利用できるのが特徴。

 

民泊ダッシュボード内メトロチャットのイメージ

 

主な機能:
テレビ電話本人確認
本人確認業務の委託
本人認証機能
Airbnb やBooking.comなど OTA との宿泊予約情報と自動連携
本人確認後、各種 スマートロック 解錠に必要な鍵の発行
宿泊者名簿の自動作成
多言語対応
パスポート情報取得機能
ハウスマニュアル 表示
民泊ダッシュボード内の「メトロチャット」との自動連携( ゲスト との会話も端末を通して可能に)
「民泊ダッシュボード」と連携されているため、IOTセンサーでの騒音管理や、スマートロックの管理なども可能になります
iOS版、Android版ネイティブアプリ

詳細な利用方法や各種機能は10月中に公開する予定。