ビースポーク、AIコンシェルジュ「Bebot」を民泊施設向けに提供開始

 

株式会社ビースポークは2017年9月より、訪日外国人向けAI(人工知能)チャットコンシェルジュ「Bebot(ビーボット)」を民泊施設向けに提供を開始する。民泊施設のカスタマーサービス業務を人工知能で自動化することにより、利用施設の負担軽減や ゲスト の満足度向上を目指す。

「Bebot」は、2016年に日本で初めて訪日外国人向けコンシェルジュ業務を人工知能で対応可能にしたチャットボット。訪日外国人の質問やリクエストに、スマートフォンから多言語で365日いつでもリアルタイムに対応する。すでに、ホリデイ・インやグランベルホテルなどの宿泊施設や、レンタカーサービス「タイムズ カー レンタル」でサービスを提供している。

今回の民泊施設向けサービスでは、英語と中国語から提供を開始する。利用施設の要望に沿った ハウスルール など、物件ごとに最適化したカスタマイズが可能。「ルームキーはどこで受け取れば良いですか?」「早めのチェックインは可能ですか?」というようなゲストからの質問やリクエストへの対応など、カスタマーサービス業務を人工知能で自動化することにより、利用施設の負担軽減とゲストの満足度向上を同時に実現することが可能となる。