2017年8月の訪日外客数は247.8万人、8月としては過去最高

 

観光庁は20日、20178月の訪日外客数を発表し、前年同月比で20.9%増の247.8万人と8月としては過去最高を記録した。今年1月から8月までの訪日外客数は1891.6万人にのぼる。

多くの市場で夏期休暇シーズンを迎え、旅行需要が高まる中、チャーター便を含む航空路線の新規就航や増便、訪日クルーズが訪日者数増加の追い風となった。さらに、この時期の需要獲得に向けて進めてきた訪日旅行プロモーションも訪日意欲を後押しした。

 

中国からの訪日外客数が単月80万人を突破

市場別では、中国が全市場を通じて初めて 80 万人を超え、単月として過去最高を記録。 他の東アジア 3 市場とともに訪日外客数を押し上げた。また、インドネシア、イタリア、 ロシア、スペインを除く 15 市場が 8 月として過去最高となった。一方、外国旅行の閑散期に入った市場や、航空座席の逼迫・旅行費用の高騰等により需要が伸び悩んだ市場 もあったが、訪日外客数全体としては引き続き堅調に推移した。

 

出典:日本政府観光局(JNTO)

 

出典:日本政府観光局(JNTO)

 

参照:「日本政府観光局 報道発表資料