ポケットチェンジ、海外旅行で余った外貨を電子マネーやギフト券に交換できるキオスク端末を関西国際空港に設置

 

株式会社ポケットチェンジは、海外旅行の際に余った外国硬貨・紙幣を投入することで、電子マネーや各種ギフトコード、クーポンなどに交換できる専用キオスク端末を、2017年10月3日より、関西国際空港 第一ターミナルビル国際線ゲートエリア、到着フロアに設置、サービスを開始する。

 

専用キオスク端末「ポケットチェンジ」

 

国内3例目の空港設置となる今回は、1階国際線到着フロアの北到着口と南到着口にそれぞれ一台ずつ、そして、国際線ゲートエリアの南・北ウイングにもそれぞれ一台ずつ、合計4台の同時設置となる。

国際線ゲートエリアへの設置は、ポケットチェンジ初。年間約1900万人にのぼる関西国際空港利用者の3分の2を占める訪日外国人旅行者が、帰国時に使い切れなかった日本円を、出発間際に自国で利用可能な電子マネーやギフト券などに交換することが可能になる。

 

「ポケットチェンジ」のロゴマーク

 

「ポケットチェンジ」サービス概要

設置場所:
羽田空港 国際線ターミナル 2階(到着)ロビー
福岡空港 国際線ターミナル 1階(到着)ロビー
新宿歌舞伎町ゴジラロード沿い 歌舞伎城 1階
大阪ジョイテルホテル ロビー
関空ジョイテルホテル ロビー
関西国際空港第1ターミナルビル国際線ゲートエリア(北ウイング/南ウイング)
関西国際空港第1ターミナルビル1階国際線到着フロア(北到着口/南到着口)

対応通貨:米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円
対応言語:日本語、英語、中国語(繁体/簡体)、韓国語
交換先サービス:WAON、楽天Edy、Amazonギフト券、LINEギフトコード、WeChat(微信)、楽天スーパーポイント(「台湾楽天市場」でのみ利用可能)など約20種類

 

【関連リンク】
ポケットチェンジ