法律・規制緩和 News

改正旅館業法、民泊特区、民泊新法など、民泊に関する法律や規制緩和についてのニュースを配信。

ニュース

新経済連盟が民泊新法へ要望「日数制限の導入に断固反対」「正常な競争を妨げる統制経済的規制」

12月8日、新経済連盟(代表理事:三木谷 浩史氏)が民泊新法に対する要望をまとめた「ホームシェアの制度設計に対する考え方」を公表した。先日報じられた宿泊上限日数を180日とする規制に対し、シェアリングエコノミーの本質を損…

続きを読む >
ニュース

大阪市「2泊3日」条例改正案可決 特区認定はどんな部屋で可能か?

12月6日、大阪市議会の委員会で、民泊利用者の受け入れを「6泊7日」から「2泊3日」へと短縮する条例改正案が可決された。これにより、2017年の1月からこの緩和が開始される予定で、全国で初めてとなる。 全国で最もホテルの…

続きを読む >
ニュース

平均252日稼働、72日オーバー!民泊新法の営業上限日数が180日で決定

日本経済新聞によると、国土交通省と厚生労働省は民泊新法における営業日数の上限を180日と決定したという。180日の規制に反した場合は、業務停止などの行政処分の対象となるとされている。営業日数上限を巡っては、旅館・ホテル業…

続きを読む >
ニュース

福岡市がフロント設置緩和するも申請はわずか0.13%

福岡市が今年9月に改正した旅館業法関連条例が12月1日施行され、事業者の申請受付が開始された。 この改正による大きな変化は、玄関帳場の設置規定に対し例外を追加した点。例外とは、どのような要件であることを指しているのか、改…

続きを読む >
ニュース

見えない着地点 調整続く民泊新法の「現在地」

民泊新法は、今年の夏に官邸側が関係省庁に今年秋の臨時国会へ前倒しするよう指示し、提出が目指されていたが、年間営業日数を巡って業界間での意見が分かれ、調整が難航したために提出は見送られ、2017年の通常国会への提出を目指し…

続きを読む >
ニュース

「日数上限緩和まで待つ」伸び悩む大阪市特区民泊申請 認定第1号は2施設

大阪市特区民泊は今年10月31日から事業者登録の受付が開始され、16日に2施設7部屋が初めて認定を受けたという。16日までに申請したのは3業者、その内2業者が認定を受け、予約サイトで情報が公開された。 大阪は東京に次いで…

続きを読む >
ニュース

京都市が違法民泊への立ち入り調査権を要望

京都新聞によると、京都市が違法民泊の営業に対し立ち入り調査を実施する権利を持てるよう厚生労働省などに要望書を提出したという。要望書の中で、市は今年の7月に設置された相談窓口に寄せられた不安の声を踏まえ、各地域に応じた自治…

続きを読む >
ニュース

大田区は現時点で「2泊3日」導入の予定無し

政府は今年10月25日に、民泊の最低宿泊日数規制を「6泊7日」から「2泊3日」へ緩和することを閣議決定した。(関連記事:特区民泊「2泊3日以上」への短縮が閣議決定) この緩和要件を特区民泊に取り入れるかどうかは、各自治体…

続きを読む >
ニュース

大阪市民泊は来年1月から2泊3日へ

大阪市での特区民泊条例が10月31日に施行され、31日の午前9時から登録事業者の受付が開始された。 先日、最低宿泊日数が「6泊7日」から「2泊3日」へと緩和が閣議決定されたことを受け、民泊事業者からは大阪市の特区民泊で「…

続きを読む >
ニュース

特区民泊「2泊3日以上」への短縮が閣議決定

日本経済新聞によると、政府は本日10月25日の閣議で国家戦略特区内での民泊(特区民泊)の最低宿泊日数を「6泊7日以上」から「2泊3日以上」へと緩和することを決定したという。 民泊運営者が宿泊者の名簿を作成する事と、近隣住…

続きを読む >
ニュース

全国一、ホテルが取れない大阪市が特区民泊開始へ

日本経済新聞によると、大阪市が特区民泊を認める条例を施行する方針を決めたという。これにより10月末には特区民泊の条例が施行される見通しだ。 大阪市長は、増加を続ける訪日外国人に対する宿泊施設の不足に言及、稼働率が86%と…

続きを読む >