法律・規制緩和 News

改正旅館業法、民泊特区、民泊新法など、民泊に関する法律や規制緩和についてのニュースを配信。

ニュース

厚労省、民泊15,000件を対象に全国調査実施

読売新聞によると、厚生労働省が全国の民泊物件約15,000件を対象に調査を始めるという。 この調査ではまず民泊の運営者、所在地、物件の種類、宿泊料金などの詳細な情報を収集、リスト化する。目的は無許可営業、いわゆる違法民泊…

続きを読む >
ニュース

関東在住オーナーが違法民泊、滋賀県大津市が初の行政指導 

京都新聞によると、滋賀県大津市で旅館業法の許可を取らずに民泊を営む「違法民泊」に対する行政指導が入り、同市では始めての例だという。 今年の5月下旬から民泊予約サイトを利用し、民泊の営業を開始。1か月も経過しない内に住民か…

続きを読む >
ニュース

民泊新法の臨時国会提出見送り、解禁遠のく

今秋の臨時国会へ提出が予定されていた民泊新法が、2017年の通常国会への提出へと見送りとなることが日本経済新聞により報道された。 民泊新法とは、民泊の健全な普及を目指し、関係各庁、業界関係者、大学教授などで構成される「民…

続きを読む >
ニュース

最低宿泊日数が2泊3日へ要件緩和

9月9日、国家戦略特別区域諮問会議が開催され、これまで懸念されていた課題が1つ解消され、民泊の普及に向かって大きく前進した。   最低宿泊・利用日数を2泊3日に引き下げ 特区民泊において、これまで6泊7日と定め…

続きを読む >
ニュース

京都市6000室の不足も「民泊認めない」

毎日新聞によれば、8月31日、定例の記者会見で京都市町の門川大作市長は、民泊新法制定後であってもマンションなどの部屋を民泊として運営することを認めないと明言した。今までは「似つかわしくない」としていたとは異なり、今回は否…

続きを読む >
ニュース

民泊普及が進む広島、40%近くが無許可営業

広島市が初めて民泊に関する調査を実施。連絡がとれた施設所有者のうち40%近くが旅館業の許可を得ていない無許可で営業を行っていることが分かったと発表した。同市では、所有者へ運営を中止するよう指導している。 民泊仲介サイトに…

続きを読む >
ニュース

最終報告:「民泊サービス」のあり方に関する検討会

この記事の要点 ・不在型民泊ホストは管理者への委託が必要 ・宿泊上限日数は180日以下   6月20日、最後の「民泊サービス」のあり方に関する検討会が開催された。 「民泊サービス」のあり方に関する検討会とは、民…

続きを読む >
ニュース

民泊解禁1ヶ月、ついに大田区に民泊認定物件が誕生

東京大田区で民泊解禁が話題となった民泊元年の2016年は、物件数が前年比で3倍をオーバーするなど、ついに民泊戦国時代へと突入しました。 僕自身も、民泊ホストとしてリスティングしており、大田区のみならず国の動向はチェックし…

続きを読む >