民泊 法律 TAG

ニュース

違法民泊に対し罰金100万円に向け最終調整へ、無許可営業の取締り一層強く

違法民泊に対し罰金100万円 ロイターは、政府が民泊の無許可営業に対する罰金額の上限を3万円から100万円へ引き上げる方向で最終調整していると報じた。無許可営業に対する罰則をめぐっては、かねてからホテル・旅館業界側から強…

続きを読む >
ニュース

民泊新法、1月の通常国会提出へ 判明した概要12項目まとめ

今年の通常国会への提出が予定されていた民泊新法について、産経新聞がその概要を報じた。政府は今月20日に召集される通常国会に民泊新法を提出すると見られる。 民泊新法の概要まとめ 法案名称 住宅宿泊事業法案(仮称) 許可取得…

続きを読む >
ニュース

民泊新法成立後も状況は変わらない?特区2泊3日も認定わずか

今年の1月1日から、大阪府、大阪市、北九州市で最低宿泊日数を「2泊3日」から受け入れ可能とする特区民泊が開始される。東京都大田区は、昨年1月末に全国で初めて条例を施行し、現時点で認定施設数・部屋数ともに最多であるものの、…

続きを読む >
ニュース

神奈川県、違法民泊を調査 条例による民泊新法の一部規制検討も

タウンニュースによると、神奈川県は違法民泊の施設を明らかにすることを目的とし、ホームページに許可施設の一覧を掲載する方針を明らかにしたという。今年度、県は26施設を調査し、そのうち13件が民泊の営業を止めたとしている。 …

続きを読む >
ニュース

新宿区、民泊に対し独自ルールを検討 条例による規制も視野に

東京都新宿区は2017年の通常国会に提出予定の民泊新法に備えて、区独自のルールを作り、新法民泊の一部規制に向けて動き出した。 ・ 民泊新法を条例で規制する案も 新宿区で頻発する民泊の課題を抽出し、新宿区にふさわしい都市型…

続きを読む >
ニュース

「大田区の特区民泊は民泊新法180日規制の対象ですか?」

民泊新法における営業日数上限が「180日」と決定され、民泊業界では大きな話題となった。他にも10月末に大阪市で特区民泊の申請受付が開始されるなど、民泊規制に関するニュースが相次いで報じられている。民泊新法、特区民泊、改正…

続きを読む >
ニュース

旅館業の規制緩和に向け要請、撤廃対象の規制とは

政府の規制改革推進会議は6日、旅館業の規制緩和を求める意見書をまとめた。 旅館業法は昭和23年に「公衆衛生及び国民生活の向上に寄与すること」を目的として制定され、設備の細かな基準などが定められていたが、時代に応じた変更が…

続きを読む >
ニュース

新経済連盟が民泊新法へ要望「日数制限の導入に断固反対」「正常な競争を妨げる統制経済的規制」

12月8日、新経済連盟(代表理事:三木谷 浩史氏)が民泊新法に対する要望をまとめた「ホームシェアの制度設計に対する考え方」を公表した。先日報じられた宿泊上限日数を180日とする規制に対し、シェアリングエコノミーの本質を損…

続きを読む >
ニュース

大阪市「2泊3日」条例改正案可決 特区認定はどんな部屋で可能か?

12月6日、大阪市議会の委員会で、民泊利用者の受け入れを「6泊7日」から「2泊3日」へと短縮する条例改正案が可決された。これにより、2017年の1月からこの緩和が開始される予定で、全国で初めてとなる。 全国で最もホテルの…

続きを読む >
ニュース

平均252日稼働、72日オーバー!民泊新法の営業上限日数が180日で決定

日本経済新聞によると、国土交通省と厚生労働省は民泊新法における営業日数の上限を180日と決定したという。180日の規制に反した場合は、業務停止などの行政処分の対象となるとされている。営業日数上限を巡っては、旅館・ホテル業…

続きを読む >
ニュース

福岡市がフロント設置緩和するも申請はわずか0.13%

福岡市が今年9月に改正した旅館業法関連条例が12月1日施行され、事業者の申請受付が開始された。 この改正による大きな変化は、玄関帳場の設置規定に対し例外を追加した点。例外とは、どのような要件であることを指しているのか、改…

続きを読む >